B級グルメ ぱーと37

2020-06-23

本日は、「ソースカツ丼」(会津名物)です。

全国には、様々な「ソースカツ丼」があります。

一番メジャーなのが、福井で「カツ丼!」と頼めば、出てくるのは「ソースカツ丼」。

「ヨーロッパ軒」のカツ丼のうまさの秘訣は、ウスターソースをベースに香辛料を加えた秘伝のタレ。熱々のカツをタレにつけ、タレをまぶした熱いご飯の上にどん! 福井市だけでも10店舗以上あるという、ソースカツ丼の代名詞的存在のご当地チェーンです。

 

そして、次に福島の会津若松市でも、カツ丼といえばソースカツ丼です。

福井のソースカツ丼に比べて、ややとろみのあるソースとシャキシャキキャベツが特徴。中でも十文字屋の厚切りのトンカツが450gも盛られた「磐梯カツ丼」の迫力は、磐梯山を思わせます。

特製の甘口のソースをからめた、ボリューム満点の一杯に味も量も大満足!

 

長野県の駒ヶ根市でも、昭和のはじめから「カツ丼」とえばこの「ソースがかかったカツ丼」のこと。

駒ヶ根のカツ丼は、地元の素材にこだわって作られたオリジナルのソースが味の決め手。ご飯にキャベツとカットされた揚げたてのカツをのせ、ソースをかけて、完成。

マイルドな酸味のソースは、アッサリとした後味が特徴です。など全国には色々なソースカツ丼がございます。

皆さんは、どのソースカツ丼がお好きですか?

本日もおいしくいただきました。ごちそう様~~

当ホームページにお知らせ頂いた個人情報は、ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。
Copyright(c) 2014 社会福祉法人 ふそう福祉会 All Rights Reserved.